毎週水曜日に放送されているNHKの生活情報番組『ためしてガッテン』、昨日2015年11月4日の放送は「コーヒー」の特集でした。

 

www9.nhk.or.jp

 

『ためしてガッテン』の昨日2015年11月4日水曜日の放送は「魔法飲料!コーヒー祭り」という回でした。コーヒーには心臓病や脳卒中などの死亡リスクを軽減させる効果があるそうです。心臓国立がん研究センターを中心にしたグループが今年2015年の5月に発表された研究結果で、毎日コーヒーを飲む人、特に3-4杯飲む人たちの心臓病や脳卒中などで死亡する率が最も低かったということでした。逆に5杯以上飲む方はリスクが上がるので、飲み過ぎには注意が必要です。

 

泡コーヒーの作り方

個人的に最も興味を惹かれたのは「泡コーヒー」なるものです。ギリシャのイカリア島でしたっけ、そこで飲まれていたフラッペ的なコーヒー飲料です。番組では川口市の小学生を取材して、教室で子どもたちが自分たちでこの泡コーヒーを作って飲んでいました。泡がふわふわして美味しいそうです。

泡コーヒーの材料は、インスタントコーヒー小さじ2杯(スプレードライ)、砂糖大さじ1杯(上白糖)、水30ml、牛乳150mlです。量はお好みで調節すると良いでしょう。食材の他は、ペットボトルやハンドミキサーなどの泡立て機、グラスが必要です。

泡コーヒーの作り方は、空のペットボトルにインスタントコーヒーと砂糖と水を入れ、ペットボトルに蓋をして、カクテルのごとく上下にシェイクし泡立てます。ボトルの底に液体が見えなくなったら泡立った合図。氷を入れたグラスにペットボトルの中身をあけ、そこへ牛乳を注ぎ入れ、軽く混ぜたら出来上がりです。ペットボトルでなくても泡立て機で良いと思います。

この「泡コーヒー」はインスタントコーヒーでないと作れないそうです。というのも、インスタントコーヒーは高温で抽出するため、食物繊維や糖質が多く含まれていて泡立ちやすいから、だそう。ちなみにカフェインが気になる方はノンカフェインタイプでも出来るらしいです。気になる方は是非試してみてください。

 

 

その他、インスタントコーヒーの苦味調味料としての使い方や保存方法など

一番興味があったのは前述の泡コーヒーです。他にもたくさん興味深い情報がありました。インスタントコーヒーの保存方法は冷凍庫が良いとか、インスタントコーヒーの瓶の蓋に付いているシールは縁を剥がさず残しておくと隙間ができずに長持ちするとか、ぬるま湯で溶いたインスタントコーヒーは染料になるとか、インスタントコーヒーはカップ焼きそばやカップ麺、イカ焼き、納豆やヨーグルト、リンゴなどの苦味調味料として使えるとか、色々ありました。

あと、インスタントコーヒーの製法も紹介されていて、一旦香り成分を抽出してから再びインスタントコーヒーに香りを戻すそうで、これは全く知らなかったことで、驚きました。香りはキリマンジャロとほぼ変わらないレベルであるそうですね。

 

matome.naver.jp

 

私は、瓶の蓋のシールに関しては知っていて実践もしていました。今もシールの真ん中に穴を開けて使っています。調味料にインスタントコーヒーを使うのも知っていました。ヨーグルトにかけたり、ホットケーキを作るときホットケーキミックスに入れたり、ケーキにかけたりしていました。納豆には入れてことがなかったので近々試してみるつもりです……想像できませんが、山瀬まみさんは「ビター納豆」と表現しています。

今回紹介されていた、泡コーヒーや調味料として使う場合は、フリーズドライよりもスプレードライのインスタントコーヒーの方が粒が細かいため、向いているみたいです。私は、ほぼインスタントコーヒーでしかコーヒーを飲みませんけれども、フリーズドライを使う方が圧倒的に多いです。

泡コーヒーは、スタジオでもお洒落なお店に出てくるみたいとかインスタントコーヒーでこれだけの味がだせるとは…とか、絶賛されていたので、私も是非試してみたいですね。ビター納豆も。

 

dysdis.hatenablog.com

 

ウェスティンカフェ マイルドブレンド 200g

ウェスティンカフェ マイルドブレンド 200g

  • 出版社/メーカー: ユニコジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2010/03/01
  • メディア: 食品&飲料
  • 購入: 1人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログを見る