先日、ジョイフルトレインを使った臨時列車が走ったJR東日本米坂線。

この線は読んで字のごとく山形県の米沢駅と新潟県の羽越本線、

坂町駅を結ぶのだが、北の坂町駅や越後小国駅方面から南下した場合、

米沢駅で連絡する奥羽本線が山形新幹線の開業で標準軌となって、

フリーゲージトレインの目処が立たない現在、米坂線と奥羽本線の

直通は不可能であり、米坂線を南下してきた列車は来た道を

引き返すしかないのだ。

この山形新幹線と秋田新幹線の工事に翻弄され、北上線や

陸羽西線への迂回を余儀無くされ、最終盤では新青森駅に

停車していたものの、北海道新幹線の開業を見ることなく

走り去ったのがブルートレインのあけぼのだ。

このあけぼのと同じく、演歌にも歌われた上野駅発の夜行列車だった

カシオペアが、カシオペア紀行という団体列車として復活し、

長野県方面に向かう話も興味深いが、歴史の重みがある

あけぼのを惜しんでかつてはブルートレインの鳥海、

あけぼのが辿った上越線、羽越本線周りのルートを

ブルートレインの後輩のカシオペアが巡るのもいいと思うし、

前述の北上線や陸羽西線を回ってのんびり、あけぼのの

歴史を偲びつつ日本海側に出るのもよかろう。

あけぼののヘッドマークを付けた機関車の引くカシオペアも

また一興ではないか。